グルテンフリー GLUTEN FREE

グルテンフリー・オーガニックパスタ ORGANIC GLUTEN FREE PASTA


サンフランシスコ在住の友人からお土産で頂いた、オーガニックパスタ!
カラフルな色が可愛いですが、もちろん合成香料ではなくオーガニックの野菜など天然の色。

グルテンフリー・オーガニックパスタ ORGANIC GLUTEN FREE PASTA

そして、これ、オーガニックでグルテンフリーのパスタなんですよ。
通常のパスタは小麦を使用しますが、こちらはキヌアとコーンがベースとなっています。ベーシックなスパゲティーやペンネにフィジリといったタイプはもちろん、こんなカラフルで食卓を楽しく演出するラインナップがグルテンフリーパスタにもあるのはうれしいですね。

原材料は、オーガニックコーンフラワー、オーガニックキヌアフラワー。カラフルな色は、オーガニックほうれん草、オーガニックビーツ、そしてオーガニックのパプリカを使っています。グルテンフリーでオーガニック、そして遺伝子組み換えも不使用。一般的に、グルテンフリーのパスタがオーガニックだとは限りません。中には添加物を使用しているものもありますから、原材料の表示はちゃんとチェックしましょう!

グルテンフリー・オーガニックパスタ ORGANIC GLUTEN FREE PASTA

そもそも、オーガニックのパスタは日本でも色々な会社が扱っていますが、いまだにグルテンフリーのパスタが手に入りにくくて困ります。輸入する商社さんも、日本でのグルテンフリー商材の扱いにはなかなか踏み出せずにいるようです。先日、とあるオーガニック食品を輸入されている方とお話していた時に、こんなやりとりがありました。

「なんでグルテンフリーのパスタを扱わないんですか?是非、輸入して下さい!」と言うと、「やっぱり、そうですよね。。でも、迷っているんです。」との返事。「何を迷ってるのか?」と尋ねると、「セリアック病の患者は日本人にはあまり見られない?し。そして、一部でグルテンフリーダイエットといった言葉も出てきているし、ハリウッドセレブの間で流行っているとなれば、あっという間に広まる可能性はありますが、、仮に一時ブームになったとしても、本当に定着するのだろうか??という不安が。。」

要するに、日本でグルテンフリーは本当にニーズがあるのか?と。いざ、輸入しても売れないかもしれない、というリスクもあるわけですよね。

グルテンにアレルギー反応がある人は、日本人にもいますし、在日外国人の方々の中にもいることでしょう。是非、日本の商社さんにはグルテンフリー製品の扱いを前向きに検討してほしいです!

■ORGANIC PRESS
グルテンフリーパスタやヌードルが続々登場。グルテンフリーもオーガニック!
http://www.organic-press.com/feature/world_report46/

グルテンフリーやVEGAN表記は欧米ではもう常識。日本の小売業の対応に大幅な遅れ
http://www.organic-press.com/feature/world_report49/


 

ピンク色のキヌア!? 食卓を楽しく。オーガニックビーツの茹で汁を捨てずに活用する


ビーツの旬は6月から7月。(秋蒔きの場合は11月から12月頃にも収穫されます)
初夏のこの時期は、農薬や化学肥料を使っていない、葉つきのビーツが入手できる時期。通常の根の部分だけでなく、葉っぱも、そして茹で汁も使って色々なお料理を楽しみたいですね。

ビーツは見かけはカブに似ていますが、実はほうれん草と同じ「アカザ科」なんだそう。そういえばキヌアもアカザ科ですよね。そんなことから思いつきで、ビーツの茹で汁を使ってオーガニックのキヌアを茹でてみました。

すると、なんともかわいいピンク色のキヌアに!!!

ピンク色のキヌア!? 食卓を楽しく。オーガニックビーツの茹で汁を捨てずに活用する

カラフルで食卓が楽しくなりますね!

通常どおり、まずはキヌアを茹でるのですが、一度少し水を多めにします。さっと火が通った頃に余分な茹で汁を捨ててから、あらためて赤いビーツの茹で汁をヒタヒタに入れて、蒸すようにして茹で上げました。アイディア次第で、これ以外にも色々なお料理に活用できそうですね。

ピンク色のキヌア!? 食卓を楽しく。オーガニックビーツの茹で汁を捨てずに活用する

ビーツの天然の赤い色素が出た茹で汁。オーガニックだからこそ安心して使えるんですよね。


 

オーガニックズッキーニのRAWチップス / just pure foods


日本でもRAW FOODは徐々に認知度上がってきてますが、商品化はまだまだ、、、といったところ。天日で乾燥させたシンプルなドライフルーツやナッツ、野菜や果物のフリーズドライや低温乾燥させてチップスタイプにしたものなどもありますが、美味しく味付けしたものは、日本製品でまだ出会ったことがありません。海外に行くとオーガニック&ナチュラルフードの加工品が充実していて、複数の原材料全てがオーガニックで、かつ認証を取得しているものがたくさんあります。

オーガニックズッキーニのRAWチップス / just pure foods

アメリカのオーガニックスーパーで購入した、just pure foodsの、USDAオーガニック認証のズッキーニRAWチップス。サワークリーム&オニオン味、PESTO(ジェノベーゼ)味です。フレーバーチップスなのに、ヴィーガンでグルテンフリーで、ナッツフリー、イーストフリー、さらにローフードでかつオーガニックという、なかなかのこだわり。原材料を良く見てみると、シードはスプラウテッド(発芽させている)だったり、オリーブオイルは当然コールドプレスだったりと、細かい部分まで配慮。これを流通にのせるってすごいですね。日本ではまだ認証としての商品化は難しいんです。

オーガニックズッキーニのRAWチップス / just pure foods

■ZUCCHINI CHIPS – SOUR CREAM & ONION
INGREDIENTS: ZUCCHINI*, SPROUTED SUNFLOWER SEED*, APPLE CIDER VINEGAR*, OLIVE OIL(COLD-PRESSED*, AGAVE*, ONION*,  GARLIC POWDER*, DILL*, HIMALAYAN ROCK SALT
* Denotes Certified Organic Ingredient

オーガニックズッキーニのRAWチップス / just pure foods

■ZUCCHINI CHIPS – PESTO
INGREDIENTS: ZUCCHINI*, SPROUTED PUMPKIN SEED*, SPINACH*, ONION POWDER*, APPLE CIDER VINEGAR*, OLIVE OIL(COLD-PRESSED*,BASIL*, LEMON JUICE*, HIMALAYAN ROCK SALT, GARLIC POWDER*, BASIL OIL*SALT
* Denotes Certified Organic Ingredient

塩だけのシンプルな味付けではなく、色々な味が楽しめて美味しいのがうれしい!ジャンク風な味だけどジャンクではないんです。この味付けの仕方は、アメリカならでは。そして水分量の多いズッキーニをチップスにするとは、面白い!キュウリでもできるでしょうか? 商品化はまだ難しそうですが、家で作れそうな気もしますよね。今度自家製チップス、チャレンジしてみようかなと思います。

■ORGANIC PRESS 関連記事もCHECK!

常温流通も可能なローフードプロダクツ
http://www.organic-press.com/feature/world_report27/

ケールチップスの商品開発競争が止まらない! KALE CHIPS
http://www.organic-press.com/feature/world_report26/

 


 

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ


海外でのブームから始まり、最近日本で人気上昇中のキヌア(Quinoa)。10種類の必須アミノ酸を全て含み、たんぱく質も豊富。栄養価の高さから「スーパーフード」の1つとしても注目されています。
実は、約20年前から日本でも販売されてるところがあったんですよ。当時、キヌアについてはほとんど情報がなかった時代でしたが、ある小規模で輸入業をされてる方がキヌアを扱ってて。キヌアを販売をするにあたり、色々教えてもらったのを覚えています。まだあまり知られていない食べ物だったので、食べ方なども知っていただくために試食など、デモンストレーション販売してました。当時は、健康や美容といった切り口ではなく、主にアレルギーの代替食の1つとしても推奨してましたね。

こちら、オーガニックキヌア(Organic Quinoa)の加熱前です。
写真ではわかりにくいですが、かなりの小粒。洗う時に普通のお米のようにはとげません・・。かなり目の細かいザルか濾し器を代用するなどしないと、流れちゃいますのでご注意を!

■ORGANIC PRESS
キヌアの茹で方・炊き方
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_49/

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

こちら、オーガニックキヌア(Organic Quinoa)の加熱後です。
白くひげのようなものが輪っかのように見えますね。そういえば、この輪っかにかけて、20年前キヌア製品を、「キンワ」と言ったりしてました。今でもそのように呼んでるところもあるようですね。「キヌア」「キノア」「キンワ」と、日本での呼び方は色々です。

雑穀のようにお米と一緒に炊いてもいいですし、もちろん、そのまま主食として食べてもいいのですが、粘りがなくさらりとしてプチプチとした食感が楽しいので、何かにトッピングしたり混ぜたりするなどが向いている気がします。

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

20年前当時、店舗での試食販売で良くつくっていたのが、キヌアのサラダ。キュウリや人参、セロリなどを細かくダイス型に切って、茹でたキヌアを混ぜます。そういえば粒コーンなども入れてたかも。塩、こしょう、ハーブ塩などを使って味をととのえます。

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

これをそのままでもいいですが、マヨネーズで和えるとぽろぽろこぼれにくく、またお子様などにも好評でした。どなたにも喜ばれる味なので、試食の時にはマヨネーズあえが定番でした。簡単でおいしいので、今でも家でたまに作ります。

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

日本ではまだあまり見かけないようですが、ブラックキヌアやレッドキヌアなんかもあります。これらは彩も楽しいので、マッシュポテトに加えて、サイドディッシュ、お料理のつけあわせにもいいですね。

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

これをそのままポテトコロッケにしても美味しいです。ミートコロッケのお肉の量を減らしてキヌアで代用すればカロリーも抑えられてヘルシー。

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

ポテトサラダにはもちろんのこと、

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

ひき肉の代わりにキヌア×トマトソースで、ミートソース風にしても。

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

牛乳・卵不使用。甘さ控えめ、キヌア入りお食事パンケーキにしてみました。朝食などにもぴったり!
*レシピメモ:小麦粉 1cup、キヌア 1/2cup、ベーキングパウダー 小2、オリーブオイル 大2、塩少々、豆乳 3/4cup、はちみつまたはアガベシロップなど 大2(好みで調整) お玉で4杯ぶんくらい。

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

あんかけにも!麻婆豆腐系にも合いそうですね。

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

 

カレーピラフ風にしても美味しいです。

オーガニックキヌアを普段の食事に!キヌア(Quinoa)の食べ方あれこれ

後は、スープに入れたり、パンやお菓子などにも、工夫次第で色々楽しめると思いますよ!

 

■ORGANIC PRESS
キヌアの茹で方・炊き方
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_49/

南米アンデスの穀物「キヌア QUINOA」に再び脚光
http://www.organic-press.com/feature/world_report24/

最強のスーパーフード? オーガニック発芽キヌア ORGANIC SPROUTED QUINOA
http://www.organic-press.com/feature/world_report40/