旬と行事食

オーガニックローゼルでつくる真っ赤なハイビスカスのジャム Organic Roselle jam


オーガニックローゼルでつくる真っ赤なハイビスカスのジャム Organic Roselle jam

ローズヒップティーなどと一緒にブレンドされてることも多い、紅い色のハイビスカス。台湾などでは「洛神花」という名で流通していますよね。ずっとハイビスカスの花びらを乾燥させたものだと思っていたのですが、本当はハイビスカスと同じアオイ科の「ローゼル(Roselle)」という植物で、しかも花びらではなく、花が咲いた後の実のまわりの萼や苞の部分だったのですね。

ローゼル(Roselle)は、日本でも沖縄などで栽培されています。生の枝付きのもの、しかも国産有機JAS認証のオーガニックのものが販売されていたので、オーガニックローゼルジャムをつくることにしました!

まずは、ローゼルを枝から摘むところから。結構固いですよ!それから中の種を取りだしてみると、やっぱり蕾でも花びらでもなかったのだとわかりますね。

オーガニックローゼルでつくる真っ赤なハイビスカスのジャム Organic Roselle jam

コトコトと煮詰めていくと、 柔らかくなってきます。滑らかにしたい場合は、あらかじめブレンダーなどで細かくしてから。

オーガニックローゼルでつくる真っ赤なハイビスカスのジャム Organic Roselle jam

鮮やかな色で、甘酸っぱいローゼルのジャムが出来上がりました♡

オーガニックローゼルでつくる真っ赤なハイビスカスのジャム Organic Roselle jam

 

■ORGANIC PRESS
オーガニックローゼルでつくる。真っ赤なルビー色の洛神花(ハイビスカス) ジャム
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_124/

 


2015-12-20 | Posted in 12月 December, 旬と行事食No Comments » 

 

ハロウィンにもおすすめ!バターナッツかぼちゃのロースト Roasted Butternut Squash


ハロウィンにもおすすめ!バターナッツかぼちゃのロースト Roasted Butternut Squash

ここ数年、日本でも店頭でよく見かけるようになってきたバターナッツかぼちゃ。オーガニックで栽培されたものも結構売ってますよ!ハロウィンのシーズンになると特に、かぼちゃを使ったレシピがたびたび食卓に登場するようになります。バターナッツは煮物には向かず、スープにむいてるのですが、シンプルにローストしたものも美味しいんです。

スライスしてから焼いてもいいのですが、縦に半分に切ってダイナミックにオーブンで焼けば、ハロウィンのホームパーティーでも雰囲気でるのでおすすめです。

ハロウィンにもおすすめ!バターナッツかぼちゃのロースト Roasted Butternut Squash

種をスプーンなどでくりぬいて、岩塩とスパイス、オリーブオイルを少々。フレッシュなオーガニックローズマリーを枝ごと、ふんだんに使います。ローズマリーは、かぼちゃの上に置いてもいいし、周りに置くだけでも、焼いている間に香りがほんのりとつきます。キッチンもとってもいい香りになるんですよ!

ハロウィンにもおすすめ!バターナッツかぼちゃのロースト Roasted Butternut Squash

焼くだけなのでものすごく簡単なんですが、、、、
ちょっと素敵になりますよね♡

好きな分を切り分けて、いただきます。

ハロウィンにもおすすめ!バターナッツかぼちゃのロースト Roasted Butternut Squash

■ORGANIC PRESS
ローズマリー香る「Roasted Butternut Squash」バターナッツかぼちゃのロースト
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_115/

 


2015-10-20 | Posted in 10月 October, 旬と行事食No Comments » 

 

新じゃがの美味しい季節到来!有機新じゃがのハッセルバックポテト Hasselback Potato


新じゃがが美味しい季節です!
採れたて新鮮で皮がやわらかく、丸ごと食べて美味しいこの時期からこそ、新じゃがもオーガニックポテトを選びたいですね。丸ごと肉じゃがにしたり、蒸したり焼いたり、、もいいですが、ちょっとしたひと工夫で見た目にも可愛いお料理に変身!
スウェーデン料理、ハッセルバックポテト(Hasselback Potato)を作ってみましたよ。

新じゃがの美味しい季節到来!ハッセルバックポテト Hasselback Potato

よく洗って土などを落とした新じゃがに、薄~く包丁で切れ目を入れます。
底まで切り落としてしまわないように、菜箸などをポテトの両脇に置いて、包丁を入れると良いですよ!

スライスした切れ目にも丁寧にオリーブオイルをかけて、オーブンで焼くだけ。オリーブオイルにガーリックやハーブを加えたり、チーズをかけたりしてもいいですね。仕上げにパセリなどのグリーンがあると、さらに華やかになります。スライスしたポテトの間にトマトやベーコンなどを挟んでもいいし、色々なパターンで楽しめますね。見た目も華やかなのに簡単!

私はシンプルに、オーガニックのエキストラバージンオリーブオイルのみで、アツアツなうちに岩塩をかけていただきました。素材のじゃがいもが美味しいから、それだけで充分、ごちそうになります。

新じゃがの美味しい季節到来!有機新じゃがのハッセルバックポテト Hasselback Potato

ところで「新じゃが」って、普通のじゃがいもと何が違うの???という方は、こちらをチェック。

■ORGANIC PRESS
何が違う?新じゃがと完熟じゃがいも
http://www.organic-press.com/feature/material_book_10/


2015-05-07 | Posted in 05月 May, 旬と行事食No Comments » 

 

国産無農薬のいよかんで作るママレード Organic Iyokan orange Marmalade


無茶茶園さんのいよかん。
もちろん、このままでも美味しいのですが、ふと思い立ってママレードを作ることにしました!

国産無農薬のいよかんで作るママレード Organic Iyokan orange Marmalade

皮の部分を使うママレードだからこそ、やっぱり国産、そして無農薬のものを選らびたいものですよね。海外のママレードはオレンジを使いますが、国産のかんきつ、いよかんや甘夏などでも美味しく作れます。

まずは、皮むきから。包丁で4~6等分になるよう皮に切れ目を入れて、いったん、皮だけ何度か茹でこぼし、苦味をとります。そして、さらに苦味の強い内側の白いふわふわ部分をスプーンか何かでこそげ落とし、、、適度な細さの千切りに。実の部分は薄皮を剥いておきます。この地道な作業に手間がかかるのですが、後は意外と簡単。

国産無農薬のいよかんで作るママレード Organic Iyokan orange Marmalade

加熱すれば水分が出てくるので、水は加えません。そのまま鍋に入れて火にかけ、クツクツと煮ていきます。途中、2~3回に分けて砂糖を加えます。白砂糖を嫌う方も多いですが、茶色い甜菜糖を使うとどうしても色が良くなかったり、独特の風味がでてしまうので、私はビートグラニュー糖を使いました。部屋中に良い香りが漂ってきます!

国産無農薬のいよかんで作るママレード Organic Iyokan orange Marmalade

できたてのママレードをそのまま食卓へ・・・。
なんて贅沢なんでしょう!

国産無農薬のいよかんで作るママレード Organic Iyokan orange Marmalade


2015-03-01 | Posted in 03月 March, 旬と行事食No Comments » 

 

日本のエディブルフラワー菜の花を食べる Japanese Edible flower NANOHANA


まだまだ寒い日が続きますが、早いものはこの時期から出始める、菜の花。日本で昔からなじみのある、エディブルフラワーのひとつですね。食卓に春の季節感を運んでくれる菜の花。お店に並び始めると、もう春がそこまで来てるなぁと感じて嬉しくなります♪

日本のエディブルフラワー菜の花を食べる  Japanese Edible flower NANOHANA

菜の花で有機JASオーガニック認証、あるんですよ。

日本のエディブルフラワー菜の花を食べる Japanese Edible flower NANOHANA

さっとゆでて、おひたしが定番の食べ方ですが、クセもないので、サラダやからし和え、お吸い物、炒めもの、ちらし寿司やパスタにと、意外とどんな料理にも合います。

日本のエディブルフラワー菜の花を食べる  Japanese Edible flower NANOHANA


2015-02-15 | Posted in 02月 February, 旬と行事食No Comments » 

 

1 / 1012345...10...最後 »