05月 May

新じゃがの美味しい季節到来!有機新じゃがのハッセルバックポテト Hasselback Potato


新じゃがが美味しい季節です!
採れたて新鮮で皮がやわらかく、丸ごと食べて美味しいこの時期からこそ、新じゃがもオーガニックポテトを選びたいですね。丸ごと肉じゃがにしたり、蒸したり焼いたり、、もいいですが、ちょっとしたひと工夫で見た目にも可愛いお料理に変身!
スウェーデン料理、ハッセルバックポテト(Hasselback Potato)を作ってみましたよ。

新じゃがの美味しい季節到来!ハッセルバックポテト Hasselback Potato

よく洗って土などを落とした新じゃがに、薄~く包丁で切れ目を入れます。
底まで切り落としてしまわないように、菜箸などをポテトの両脇に置いて、包丁を入れると良いですよ!

スライスした切れ目にも丁寧にオリーブオイルをかけて、オーブンで焼くだけ。オリーブオイルにガーリックやハーブを加えたり、チーズをかけたりしてもいいですね。仕上げにパセリなどのグリーンがあると、さらに華やかになります。スライスしたポテトの間にトマトやベーコンなどを挟んでもいいし、色々なパターンで楽しめますね。見た目も華やかなのに簡単!

私はシンプルに、オーガニックのエキストラバージンオリーブオイルのみで、アツアツなうちに岩塩をかけていただきました。素材のじゃがいもが美味しいから、それだけで充分、ごちそうになります。

新じゃがの美味しい季節到来!有機新じゃがのハッセルバックポテト Hasselback Potato

ところで「新じゃが」って、普通のじゃがいもと何が違うの???という方は、こちらをチェック。

■ORGANIC PRESS
何が違う?新じゃがと完熟じゃがいも
http://www.organic-press.com/feature/material_book_10/


2015-05-07 | Posted in 05月 May, 旬と行事食No Comments » 

 

サヤつき!生グリーンピースの美味しい季節 Fresh Green Pea


子供たちが嫌いな野菜のランキングに常に入っていそうなグリーンピース。ほとんど冷凍や缶詰でしか味わったことがないからなのかもしれないですね。生のグリーンピースが市場に出回るのは、春のほんの短い間だけ。新鮮なグリーンピースの茹でたては、冷凍されたものとは全く別物のように、食感も香りも格別です。冷凍食品でも最近ではオーガニックグリーンピースも売られていますし、料理の彩にちょっと加えるにはあると便利なのですが、旬の時期にはやっぱり新鮮なものを味わいたいですよね。

ちなみに、鞘ごと食べられる若い未熟な状態が「さやえんどう」。鞘の中の豆がぷっくり膨らんだ状態の実えんどう、「グリーンピース」、グリーンピースよりさらに完熟させた豆を乾燥させた「えんどう」、えんどう豆のスプラウトが「豆苗(とうみょう)」・・・って、ご存知でしたか?

こちら、無農薬無化学肥料、自然栽培の鞘つきグリーンピース!

サヤつき!生グリーンピースの美味しい季節  Fresh Green Pea

鞘から豆を取り出すのにちょっとひと手間かかりますが、そんな時間もまた楽しいものです。

サヤつき!生グリーンピースの美味しい季節  Fresh Green Pea

剥きたてのグリーンピース。これを茹でるんですが、シワにならないようにきれいに仕上げるコツは、冷まし方にあります。

■ORGANIC PRESS
グリーンピースを茹でる
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_53/


サヤつき!生グリーンピースの美味しい季節  Fresh Green Pea

茹でたグリーンピースをスープにしてみました。
グリーンピースと豆乳をミキサーにかけてなめらかに。ハーブソルトだけでシンプルに味付けしました。コンソメや生クリームがなくても十分に美味しいスープになりますよ!

サヤつき!生グリーンピースの美味しい季節  Fresh Green Pea

グリーンピースの豆腐ディップ × クラッカー
水切りした豆腐と茹でたグリーンピース、隠し味にマヨネーズとわさびに、塩、こしょう。

サヤつき!生グリーンピースの美味しい季節  Fresh Green Pea

オムレツにしたり。

サヤつき!生グリーンピースの美味しい季節  Fresh Green Pea

新じゃが×新キャベツ×グリーンピース

サヤつき!生グリーンピースの美味しい季節  Fresh Green Pea

グリーンピースご飯や卵とじなどもいいですね。
色々なお料理に入れて、春の味を楽しみたいと思います。

 


2014-05-15 | Posted in 05月 May, 旬と行事食No Comments » 

 

春の山菜、わらびを味わう。 Japanese Edible wild plants SANSAI-WARABI


春の山菜が美味しい季節です。ゴールデンウィークに山へわらび採りにいかれる方も多いのでは?ファーマーズマルシェやスーパーなどでも、生の採れたて蕨(わらび)が見られる季節になりました。私の子供の頃は、この季節になると休日に山菜採りをしてきた、という近所の方からたくさんおすそ分けでいただいたりしたもので、山菜は「買うもの」だと思ってなかったのですが・・。都会に暮らしていると、なかなかそうはいきません。水煮のものも販売されているので、今では一年中食べることができる蕨ですが、やっぱりこの旬の時期に採れたてのわらびは、歯ごたえや風味が違います。

春の山菜、わらびを味わう。 Japanese Edible wild plants SANSAI-WARABI

わらびなどの山菜は「アク」があるので、そのままでは食べられないのはもうご存知の方も多いことと思いますが、昔はワラ灰などを使ってアク抜きをしていたんですね。今でも、自然食品店などで販売されているわらびには、あらかじめ切り口付近に灰がまぶしてあったり、アク抜き用の灰が添付されていることがあります。現代の暮らしでは、そもそも身近に「灰」などないものですから、重曹を使ってアク抜きする方も多いようです。

昔ながらの方法で、灰を使ってアク抜きをしてみました。

アク抜きの仕方はこちらをCHECK!
↓↓↓
■ORGANIC PRESS
わらびのアクは灰で抜く。蕨の下処理
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_47/

春の山菜、わらびを味わう。 Japanese Edible wild plants SANSAI-WARABI

一晩置くと、漬けていた水が真っ黒に。何度かすすいで水を替えると・・・。
きれいにアクが抜けました!

春の山菜、わらびを味わう。 Japanese Edible wild plants SANSAI-WARABI

たっぷりの鰹節にさっとお醤油をかけておひたしで。旬の時期にしか味わえない美味しさです。
シンプルだけど、これが一番。

春の山菜、わらびを味わう。 Japanese Edible wild plants SANSAI-WARABI

厚揚げ、人参などと一緒に煮びたしに。
水煮のものを使うと、こういった煮物類はわらびが柔らかくなりすぎてしまいますが、ちゃんと歯ごたえが無くならず美味しく出来上がりました。

春の山菜、わらびを味わう。 Japanese Edible wild plants SANSAI-WARABI


2014-05-01 | Posted in 05月 May, 旬と行事食No Comments »